友人からのメールをはっときます。

アメリカンインディアンと日本人って
肉体のレベルではとっても似ています
例えば、インディアンも、私たち同様、
幼い頃はお尻に「蒙古斑」をつけていますし

「あれ、見たことあるような顔だな、誰だっけか ?」
と、不思議に思い、よくよく考えてみると
日本人の知り合いの顔にそっくりだったことが判明し
笑っちゃったことが何度もあります
さすが、ベーリング海峡を渡っていった
「遠い親戚」だけのことはあります

今回のインディアンの音楽イベントで、フルートを吹き
唄を教えてくれる船木氏も Looks Like Indian
ある時、インディアン役のエキストラを探していた映画関係者に
呼び止められ、映画にでないかと誘われた船木氏は
「でも、オレ、日本人なんだけど」と言ったそうですが
「そんなこと何でもないよ、君は私が探していたインディアンだ」
とクドかれ、結局、スピルバーグの「Always 」という映画に
インディアン役で出演することになったそうです

さていよいよ今週末は、そんな Looks Like Indian の
船木卓也氏のアメリカンインディアンの音楽イベントです

初日18日はフルートコンサート「風の唄」
翌19日はパウワウソングのワークショップ「大地の声」
 ( 当初、午前10時〜午後5時を予定していましたが
  都合により、午後1時〜午後5時に変更いたしました)

皆様、お誘い合わせの上、お越し下さいませ

「風の唄」

Timing 12/18 (土)   18:30 開場、19:00 開演 20:30 終演
参 加 費      2000 円
会  場  東灘区民センター9F 音楽室


Powwowソング・ワークショップ「 大地の声」

Timing  12/19 (日) 13:00 〜17:00 (要予約)      
会 場  東灘区民センター9F 音楽室   
参 加 費     5000 円

東灘区民センターへのアクセスは
http://www.kobe-bunka.jp/center/higashinada/higashinada-map-l.html

船木  卓也 プロフィール

ネイティブ・アメリカン文化に魅せられ
サウスダコタ州のローズバッド、モンタナ州のフラットヘッド居留地で
部族自治大学に通い、伝統文化並びに伝統音楽を学ぶ
ドラムグループ「チーフクリフ・シンガーズ」に参加
全米各地で開かれるインディアンの祭典、Powwawで演奏
フラットヘッド族の伝統工芸作家にビーズワークを師事する
帰国後、演奏活動、ビーズワーク製作、翻訳業を続けながら
インディアン文化を幅広く伝える活動を行っている
訳書に「風の言葉を伝えて/ネイティブ・アメリカンの女たち(共訳)」
「地球データーブック」、著書に「ラコタとナバホに恋をして」がある。

主な音楽活動 : 鼓童・アースフェスティバル( 佐渡 )
喜納昌吉のライブハウス「チャクラ」での演奏
デニス・バンクス日本講演ツアーの際の通訳&演奏、
能太鼓・大倉正之助氏、詩人・サカキナナオ
インディアン・フルート第一人者、ケビン・ロックとの共演など

問い合わせ & 申し込み   atmarama@mail.goo.ne.jp ( 森 or 杉山 )